iDEA Desktop Cloud

仕事環境をデスクトップごとクラウドに

iDEA Desktop Cloud は、いつもどこからでも同じデスクトップ環境にリモートアクセスが可能になります。
ノートPC、デスクトップPC、iPhone、iPadなどさまざまなデバイスで、オフィスと同じように、仕事ができる仮想デスクトップソリューションです。

iDEA Desktop Cloudとは

  • クライアント端末の管理工数を大幅削減

    クラウド上に各ユーザーのデスクトップ環境を構築するため、搭載アプリケーション各種設定の一元管理、簡素化することが可能になります。
    また、仮想化テクノロジーを利用しているため、新入社員や部署異動、人事異動などの展開作業も短期間で提供することが可能になります。

  • モバイルワーカー、在宅勤務のセキュアなリモート環境

    社外からでも高い安全性のもとで社内のファイルサーバーや業務システム、社内ネットワークへアクセス可能なため、出張先や外出先からでも社内の環境同様の勤務が可能になります。
    また、災害やパンデミックなど従業員が出社できない状況下でのBCP(事業継続性)対策にも有効です。
    万が一端末を紛失や盗難にあった場合、データはクラウド上に格納され、ローカル上に保存することができない仕組みのため、顧客情報や機密情報などが漏洩するリスクがなくなります。
    海外出張や海外進出などの際にも安心してご利用いただくことが可能になります。

  • タッチパネル独自の操作性

    iPad™やAndoroid™タブレットからのリモート接続による操作が可能になりますが、独自ソフトウェアによりタッチパネルPC同様の直観的な操作性で利用できます。
    そのため、PC操作の教育などにかける時間やコストを削減することが可能になります。

  • ハードウェアなどに関する初期投資を削減

    iDEA Desktop Cloudを利用することで、物理的なシステム構築にかかる費用が不要になるため、初期投資を最小限に抑えることが可能になります。

  • サーバー・PCなどの運用コストの削減

    ITを所有する形態から利用する形態に変えるクラウドサービスを利用することでハードや設備を維持するための人件費や運用費用、サポート費用などの削減をすることが可能になります。
    WEBブラウザが動作する環境であれば、古いPCをシンクライアント化して再利用することが可能になります。

  • 安心のスモールスタート

    ビジネス規模に合わせてデスクトップ数及びデスクトップタイプを選択できます。
    ビジネス要件を満足できるかをPoC(検証)環境で検証していただいてから本格導入が可能です。
    また、導入コンサルタントが貴社のデスクトップ展開をご支援します。

基本サービス

デスクトップ

モデル ※1

Pro Enterprise Ultimate Premium ※3
CPU(vCPU) 1 2 4 8
メモリ(GB) 2 4 8 16
ディスク容量(GB)※2 30 60 120 240
OSの種類 Windows 7 Enterprise SP1, Windows 8.1 Enterprise Update 1, Windows 10 Enterprise, Windows Server 2008R2, Windows Server 2012/R2, Windows XP Professional SP3(サポート終了), Vista Enterprise SP2 32bit (サポート終了)
画面転送プロトコル

PCoIP(VMware Horizon 7.3.2 相当)、Blast (HTML5)、RDP(内部アクセスのみ)

一部OS制限により提供できないものあり

購入単位(SDC) 最低購入数:40SDC または 200SDC ※4
  • ※1:導入時に初期費用が別途かかります。
  • ※2:オプションサービスからリソース追加できます。
  • ※3:Windows Server OS 選択時のみ RDSH (セッションデスクトップまたはリモートアプリケーション)としても利用可能です。
  • ※4:VMware Horizon DaaS 8.0 の仕様変更に伴い、SDCという標準デスクトップ容量と VMware ライセンスに課金が分かれます。
  • そのため、最低購入数がデスクトップ数ではなく、SDCに変更になります。

オプションサービス

オプションサービス 内容
ディスク容量の追加
(10GB単位)
仮想デスクトップのディスク容量追加
HA構成 VMware HA を利用した仮想デスクトップの保護を行います。(N+1)の標準サービスとなりました。

拠点間VPN新規構築

(FortGate 60D ※1)

弊社サービスとお客様1拠点の IPSec VPN 新規構築。(オンサイトヒアリング1回、設定、動作確認作業含が含まれます。)

VPN装置機材費用

(FortiGate 60D ※1)

お客様設置用 VPN 装置の本体

SSL-VPN追加

(FortiGate 60D ※1)

接続ユーザー(Named User)単位
管理者用トレーニング ご契約のお客様へテナント管理者様向けのトレーニングを実施。
※出張費は別途頂くことがあります。
テクニカルサポート ※2 5インシデント/年
コンサルティング
(オンサイト)
要件定義からサービス開始まで契約者のご要望に応じて、コンサルティングを行います。

移動プロファイル ※3

ダイナミックデスクトップ利用の際、個人プロファイルをストレージに確保し、どのデスクトップを利用しても個人の環境となるようにします。
※1プロファイル:10GB
Active Directory新規構築 iDEA Desktop Cloud利用するために必要な最低限な設定を実施します。(オンサイトヒアリング1回、設定、動作確認が含まれます。)
多要素認証 AD認証の他にもうひとつ認証方法をご提供致します。RADIUS 認証, RSA SecurID 認証 (オンサイトヒアリング1回、設定、動作確認が含まれます。)
アンチウィルスサービス ※4 Symantec社のクラウドサービスを提供します。
バックアップ・リストアサービス ※5 Veeam社の Veeam Availability Suite クラウドサービスを提供します。
  • ※1:FortiGate 60D以外の機種についても承ります。別途ご相談ください。
  • ※2:iDEA Desktop Cloud で発生した技術的な対応および依頼作業にご利用いただけます。また、事前にご説明いただけた場合に限り弊社提供外の他社サービスの支援作業にもご利用いただけます。
  • ※3:Microsoft 移動ユーザープロファイルや Microsoft プロファイルディスクおよび VMware Persona Management を提供します。
  • ※4:iDEA Desktop Cloud だけでなく、弊社提供外の他社サービスおよびローカルPCのアンチウィルスソフトとしてもご利用可能です。
  • ※5:iDEA Desktop Cloud だけでなく、弊社提供外の他社サービスおよびローカルPCのバックアップ・リストアサービスとしてもご利用可能です。
  • 通常サービスについては
    こちらをご覧ください。
    iDEA Desktop Cloudとは
  • 物理/仮想のオンプレ資産のクラウド化についてはこちらをご覧ください。iDEA Desktop Cloud for C/S Pack
  • システム開発の効率化、コスト削減についてはこちらをご覧ください。iDEA Desktop Cloud for Developer Pack
ページトップに戻る