事業パートナーとのシームレスな情報連携により翻訳業務の効率を大幅に改善

事業パートナーとのシームレスな情報連携により翻訳業務の効率を大幅に改善

翻訳制作パートナー(以下、パートナー)に自社の品質の高い翻訳支援システムを利用してもらうことを目的として、 iDEA Desktop Cloud 上に翻訳支援システムを配置。パートナーと業務が共有できるようになったことで、翻訳データのファイルを受け渡すことなく編集できるようになり、翻訳業務の効率を大幅に改善しました。

背景

  • パートナーと連携した翻訳業務の効率を上げるため、自社で利用している翻訳支援システムをパートナーに提供したい
  • 翻訳支援システムをパートナーに提供するための自社のネットワークの変更や翻訳システムそのものの変更にかける投資を最小限に抑えたい
  • 翻訳データをロケーションの異なる(在宅業務)パートナーのパソコンに保存させるなど、データが管理下にないことによる情報漏洩リスクへの懸念

導入の決め手

  • クラウド上で翻訳データが共有できるので、パートナーへのデータの配布や管理の手間がかからない
  • 翻訳支援システムに一切、手を加えずに社内ネットワークの変更も最小限に抑えてクラウド上にシステムを配置することができる
  • 翻訳データが自社内で管理することができ、パートナー所有のパソコンにデータを取り込まなくても作業が可能となり、情報漏洩リスクを低減することができる

効果

  • パートナーに自社と(データ共有も含めた)同じ環境を提供することで、複数のパートナーが参加する翻訳業務でも品質を確保し、かつ効率的な翻訳業務ができている
  • 場所や時間の制約を受けずに、いつでも最新のデータにアクセスできるので、成果物のチェックやレビューの効率改善(時間の有効活用)ができるようになっている
  • 翻訳の依頼者から預かったデータや成果物のパートナーへの配布が必要ないため、情報漏洩リスクを低減できる。また、セキュリティ対策への取り組みとしてお客様(翻訳依頼者)からの信頼を得ることができている

利用イメージ

お客様の声(抜粋)

株式会社 ワカール
代表取締役 更科 潤二 氏

弊社では、お客様の大切な社内ドキュメントや発売前の新製品情報などを扱っており、常に情報流出の危険と隣り合わせでした。iDEA Desktop Cloudを使うことで、外部パートナーに直接データを渡すことなく、しかも社内と同じ環境で作業をすすめることができるようになりました。セキュリティに強い会社としてクライアントの信用も高まり、さらに外部パートナーの生産性も大きく向上しています。

キーワード

情報漏洩対策、協業パートナーとの情報連携

ワカール様について

特徴 “わかりやすい”取扱説明書の制作、翻訳サービスを提供
業種 マニュアル制作・翻訳業
事業内容 取扱説明書・業務マニュアルの企画・制作、各国語の翻訳サービス
従業員数  5名
導入製品 iDEA Desktop Cloud サーバーVDIタイプ
活用用途 翻訳支援、ファイルサーバー
  • イベント・セミナー
  • iDEA Desktop Cloudとは
  • お問い合わせ

最新の導入事例

ページトップに戻る