海外拠点でも国内と同様な環境を実現し、販売力UP!

海外拠点でも国内と同様な環境を実現し、販売力UP!

“リアルタイムな在庫情報”をいち早く海外拠点に連携することを目的に、iDEA Desktop Cloudを海外支店に導入。海外支店の情報漏洩リスクを低減させながらも、本社と同様の情報へアクセスできるようになったことで、販売力の強化に成功しました。

タキゲン製造 株式会社
取締役 技術営業部長 田中 氏

営業状況をリアルタイムで確認できるので、海外支店の営業はとても助かっています。

背景

  • 情報漏洩リスクの懸念により、海外支店から本社の基幹システムへの直接アクセスを禁止
  • 海外支店では週次でアップデートされた在庫情報を利用するため、情報の鮮度が低下
  • 本社と同等の情報システムを海外で実現するには、システム構築・専用回線の契約など、膨大な投資が必要

導入の決め手

  • 専用回線や専用機材不要(インターネット回線のみ)で情報連携できる点
  • デバイスを選ばず、海外支店で利用している既存PCをそのまま流用できる点
  • 拠点の利用者には画面情報のみを転送することで、情報漏洩リスクを低減させながらも、情報共有が可能な点

効果

  • リアルタイムな在庫情報にアクセス可能となったことで、各海外拠点の販売力強化につながった
  • 既存PCとインターネット回線、サービスの利用料のみで低コストで実現・運用
  • 必要な情報を直ぐに顧客へ伝達可能になったことで、対応がはやくなり、顧客満足が向上

今後の展開

  • 新しい海外支店への横展開

利用イメージ

お客様の声(抜粋)

タキゲン製造 株式会社
総務部 システム課 係長 菅原 氏

当社では、販路拡大のために海外進出をしてきました。韓国、上海に続き、海外で3カ所目となるタイの支店を新規開設する際には、すでに展開していたiDEA Desktop Cloudをベースにしてインフラを設計することができました。海外支店側のインフラとしては、iDEA Desktop Cloudに接続するためのPCとインターネットだけで済むので、システム側の準備がとても簡単にでき、運用負荷もかからない環境を実現することができました。

 

タキゲン製造 株式会社
総務部 システム課 木下 氏

システム課では、社内システムのメンテナンス等の夜間対応が発生します。このために、もともと海外支店で利用するために導入したiDEA Desktop Cloudを夜間のシステムメンテナンスや、システムトラブル対応用のデスクトップとしても活用しています。いつでも、どこからでも安全に社内システムにアクセスでき、必要なときに必要なアプリケーションが利用できるので、とても助かっています。

タキゲン製造様について

特徴 産業用金物を扱う国内トップメーカー
業種 卸売業
事業内容 産業用錠前・キースイッチ・取っ手類等非金属部品の製造及び販売
従業員数 正社員 508名
導入製品 iDEA Desktop Cloud クライアントVDIタイプ
活用用途 営業支援、在庫管理

 

 

  • イベント・セミナー
  • iDEA Desktop Cloudとは
  • お問い合わせ

最新の導入事例

ページトップに戻る