VPNのセキュリティのリスクなどの課題をクラウドで克服

VPNのセキュリティのリスクなどの課題をクラウドで克服

全国136のゴルフコースを保有(あるいは契約)する株式会社アコーディア・ゴルフ様。同社ではクラブハウスだけでなく、ゴルフ場の管理棟からも本社の業務システムにアクセスできるVPNシステム改変を2006年度に実施してきましたが、セキュリティのリスクが低く、より安全で簡単な社内システムへのアクセスを目的に、新たなクラウドシステムを導入することとなりました。

導入の背景

  • IPアドレス数に限りがあるため一定台数を超える導入が困難
  • PCがVPNで接続することによるVPNセキュリティリスクの不安
  • 不具合発生時のサポート負担が本社にかかる

導入の決め手

  • ADから証明書を発行する仕組みを採用することでクラウドサービスとの組み合わせにより、決められたPCのみからのアクセスが可能にし、セキュリティリスクが軽減されること。
  • これまでの1台にかかるVPN証明書(1か月分)の費用と、iDEA Desktop Cloud(※)で200台のPCを想定した場合の1台あたりの費用に差が出ないこと。
  • 2013年度中にシステム変更を完了できる短納期への対応が可能だったこと。

導入後の効果

  • 決められたPCのみからのアクセスすることでVPNセキュリティリスクを大幅に軽減
  • インターネットリテラシィの高くない人でもミスなく利用できる環境の整備に成功
  • 難度の高い要求にフレキシブルに対応。コスト面でも十分に満足

お客様の声(抜粋)

株式会社アコーディア・ゴルフ
情報システム部 部長 加藤 恭之 氏
情報システム部 新野 達也 氏

「実は、iDEA Deaktop Cloudを用いると、弊社が当初求めていた、‘決められたPCのみがアクセスできる’、という条件を満たせなかったのです。一方のセキュアブラウザ系では、この要件はクリアできました。しかし、独自のブラウザを使うので、アプリケーションとの相性が悪いと動作しないのです。だからといって、そのためだけに業務システムをカスタマイズするわけにはいきませんでした。そこでイデアさんに改めて相談したのです」

「その中でイデアさんは弊社ハードルの高いオーダーに柔軟に対応していただき、AD(Active Directory)から証明書を発行して端末認証をする仕組みができるようになりました。このことで懸念されていたセキュリティリスクも軽減できています」

「2014年度に稼働した新システムへの評価はまだこれから。さらなる課題の解決に向けて、イデアさんといっしょに細部にわたる検証を進めていきたい」

 

※iDEA Desktop Cloudは、ヴイエムウェア株式会社の提供する安定性の高いDaaS環境基盤「VMware Horizon™ DaaS® Platform for Service Providers」を採用しています。

  • イベント・セミナー
  • iDEA Desktop Cloudとは
  • お問い合わせ

最新の導入事例

ページトップに戻る