導入事例

株式会社 ワカール
代表取締役 更科 潤二 氏

事業パートナーとのシームレスな情報連携により翻訳業務の効率を大幅に改善

翻訳制作パートナー(以下、パートナー)に自社の品質の高い翻訳支援システムを利用してもらうことを目的として、 iDEA Desktop Cloud 上に翻訳支援システムを配置。パートナーと業務が共有できるようになったことで、翻訳データのファイルを受け渡すことなく編集できるようになり、翻訳業務の効率を大幅に改善しました。

タキゲン製造 株式会社
取締役 技術営業部長
田中 氏

海外拠点でも国内と同様な環境を実現し、販売力UP!

“リアルタイムな在庫情報”をいち早く海外拠点に連携することを目的に、iDEA Desktop Cloudを海外支店に導入。海外支店の情報漏洩リスクを低減させながらも、本社と同様の情報へアクセスできるようになったことで、販売力の強化に成功しました。

基幹システム開発で「機密情報保護のためのアクセス制限」と「いつでもどこからでも利用可能」という矛盾を解消

イデア・コンサルティングは国内で初めて、Amazon Web Service (以下AWS)上で「JD Edwards EnterpriseOne (以下JDE)」を導入するクラウドERPサービスとして提供開始し、国内実績No.1企業として市場をリードしてきました。2014年に始まった製造業A社様の開発においても同サービスを提供しており、セキュリティへの配慮から、4ヵ所ある開発拠点からのみAWS上のJDE開発環境へ接続できるよう制限をかけていました。しかし、開発フェーズが進むにあたり開発要員の増員の必要が出てきたため、増床を含めた対応が必要となり、セキュリティレベルを維持したまま簡単に規模を拡大できるデスクトップのクラウドサービスを検討することになりました。

株式会社アコーディア・ゴルフ
情報システム部 部長 加藤 恭之 氏
情報システム部 新野 達也 氏

VPNのセキュリティのリスクなどの課題をクラウドで克服

全国136のゴルフコースを保有(あるいは契約)する株式会社アコーディア・ゴルフ様。同社ではクラブハウスだけでなく、ゴルフ場の管理棟からも本社の業務システムにアクセスできるVPNシステム改変を2006年度に実施してきましたが、セキュリティのリスクが低く、より安全で簡単な社内システムへのアクセスを目的に、新たなクラウドシステムを導入することとなりました。

航空連合 ANA労働組合
中央執行副委員長
枦山 和彦 氏

仮想デスクトップ環境クラウド活用により、システム分離を短期間に実現

ANA労働組合様は、1999年に結成され、ANAに勤務する地上勤務者と客室乗務員、約1万名で構成する労働組合です。これまでANA本体の情報システムに間借りする形で組合のシステムを利用されていましたが、コンプライアンス上、経営側と情報管理を別々にすべきという観点から仮想デスクトップクラウドの導入を実現することとなりました。

ページトップに戻る